9回2死満塁、多井耶雲のサヨナラ逆転適時打で大喜びの東海大菅生ナイン(カメラ?岩崎 龍一)◆第93回センバツ高校野球大会第8日 ▽2回戦 東海大菅生5×―4京都国際(27日?甲子園)

【写真】今でも美しいアルプス席「勝利の女神」

 東海大菅生(東京)が9回に逆転サヨナラ勝利を収め、初のベスト8に進出した。

 2点を追う9回。2番?栄から連打が生まれ、無死一、二塁のチャンスを作った。二ゴロ、盗塁、三ゴロで1点を返すと、なおも2死満塁で代打?多井が右越えへ逆転打を放ってサヨナラ勝ち。東海大菅生は歓喜に包まれた。

 流れを呼んだのは、エースの快投だった。9回に背番号「1」の本田が今大会初登板。ピンチを作りながらも無失点で切り抜け、攻撃にリズムを作った。東京勢として9年ぶりの8強進出を決めた。報知新聞社